--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011. 12. 13  
最初にお断りしておきます。
今回はちょっと重い日記です…。


早いもので、もう12月も半ば。今年も残すところ僅かとなりました。
インドから戻って一年が過ぎ、子供達は一通り学校行事も経験し、すっかり「地元っ子」ぽくなってきました。私も何とかかんとか慣れないながらも地域のお役を務めさせて頂いています。
新しい環境の中、色々なことが起こり、様々なことを感じ、体調不良もあったり、笑って泣いて悩んだ一年でした。
3月に起こった未曾有の大震災以来、亡くなった方、行方不明の方、ご遺族のこと、原発問題、未だに不安を煽り続ける放射能問題…、まだまだ問題も課題も山積みなまま、2011年が幕を降ろそうとしています。
皆さんもそれぞれに色々な想いの残る一年だと思います。


実は、この秋10月に義父が亡くなりました。
義父はとても優しい人でした。初めて会ったのは12年前。両家を交えて結婚の話しをする席でした。
それまで一度も会ったこともなかった「何処の骨とも分からぬ」私を、最初から全てを受け入れるように認めてくれたことに驚きました。
少しも偉ぶることもなく、私の手料理も文句1つ言わず食べてくれ、ハンガリーにいる私達の元に何度も遊びに来てくれました。

義父は無口な人でしたが、ちょっとした言葉に思いやりや教訓を感じられることが多々ありました。校長先生をしていただけあって、人を見る目が優しく、的確に人物を捉えるところがあり、子育てに悩む私に、「大丈夫。良い子に育ってる。心配しんさんな。」と言ってくれました。

チーコが生まれた時は、「女の子を生んでくれて有り難う。本当に有り難う。」と、私なんかに向かって膝を合わせて涙を流して感謝してくれました。
そんな義父が亡くなりました…。

息子である夫A-さんは表現できないほど辛いはずです…。幸い、私は両親ともに健在なので、父を亡くした夫の気持ちは実感としては理解してあげられないのが申し訳ないです。

でも、お通夜・お葬式を終え、火葬場でいよいよお別れの時、夫には息子としての、私には私の、鉄男には鉄男の、チーコにはチーコの、それぞれの心の中で故人との思い出が走馬燈のように流れ、みんなで号泣しました。3歳のピー助だけは何も理解できていない様子で、「おじいちゃん死んじゃったの?」とあどけない顔で聞いていました。


今回の義父の死は辛いことだったけど、私は義父に救われたのだと感じています。
義父の亡くなる1ヶ月ほど前から、育児ノイローゼ一歩手前で、何をするにも自信が持てず、ちょっとしたことでイライラして眠れず、新しいことを始めたくても何をどうして良いのかもわからず、自己嫌悪の日々でした。
自転車に乗っている時など、ふと「このままトラックにでも突っ込んでしまえば楽になれるかもしれない…」とペダルに力を入れそうになっている自分がいて、かと思えば、「いやいや、死ねずに助かって、下手に障害が残ったり、家族に慰謝料などで迷惑をかけるのもいけないし…」と変に冷静で打算的な自分もいて、「死んだ方が楽だし死にたい。でも、自分は死ぬことすら出来ないのか、情けない…」と余計に落ち込んだり…。

そんな時の義父の死。
「死んで居なくなると言うことは、こういうことなんだ。こんなに辛くて、冷たくて、もう話せなくて、本当に骨になってしまうんだ。」という動かしがたい事実を突きつけられた気がしました。

お通夜・お葬式のために集まってくれていた親族のみなさんが、私にとってみれば憎たらしい我が子供達を見て、「本当に良い子達だね~」「子育て、今が一番身体もキツいけど、終わってみれば、この時期が一番楽しいと気がつくものなのよ。」と口々に言ってくれました。それが、どれほど大きな励ましとして私の心に染み入ったことか…。

生死を前に、「子育てが大変だ」「自分のやるべきことが分からない」なんて、甘っちょろいことだ。
義父が最後に教えてくれた大切なこと。

人は生まれて、色々な人に出会い、考え悩み、笑って泣いて、そしていつかは人生に幕を閉じる。
残された者は、故人から学んだことを活かし、子孫に伝え、そして生きていかねばならない。
広島の深い山々、ゆったり流れる太田川を見ながらしみじみ思いました。
DSC08793.jpg



追記:
今は喪に服しているので、年末年始のご挨拶は控えさせて頂きますが、今年中に賜りましたご厚意に感謝申し上げます。来年もまたよろしくお願い致します。
皆様には良いお年を、そして、喜びに満ちた新春をお迎え下さいますように…。

スポンサーサイト
2011. 11. 15  
すっかりご無沙汰してしまっておりました。
ここ最近、急に肌寒くなってきましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか?
これから風邪の季節になりますね。どうぞご自愛くださいますよう…。

こちらではなく、もう1つのインドブログの方で日記を更新しましたので、よろしければ以下よりどうぞ…
アッチャー?!インド生活
「異文化対応モデル」
2011. 10. 05  
我が家の次女であるフレンチブルドッグの福嬢。
陽気な性格で、誰にでも腹を見せ、撫でて貰いたがる人懐こさが可愛い。
でも実は、かなりの頻度で病院通いをしている体質の弱さを併せ持っている…(涙)

元々フレンチブルドッグは改良犬種でもあるため、体質的に丈夫だとは言い難いらしい。
アトピー体質で気を抜けば皮膚に湿疹ができ、牛乳アレルギーもあり、脂肪がつきやすいので、低分子ローカロリー、アレルギー対応のフードを食べている福嬢。

先日も血尿が出たので、慌ててかかりつけの動物病院に駆け込むと、尿結石とのこと…(涙)
採尿サンプルを顕微鏡で見てみると、キラキラしたダイヤモンドのような結晶が沢山!!それからというもの、PHコントロールの処方餌で尿酸値を下げるよう努めている。

そしてまたまた問題発覚。いつも後ろ足を引きずるように歩くので、片側の足ばかり歩きダコが出来る。気になってレントゲンを撮って貰ったところ、股関節の接続が緩いことが判明…。

病院に行くと、私は「福ちゃんのお母さん」と呼ばれる。フレンチブルドッグを生んだ覚えはないのだけど、やはり私は福ちゃんのお母さんである。特に最近、母親の自覚が強くなってきた。
DSC08675.jpg

話しはそれるが、私は子供の頃から実家で色々な動物を飼ってきた。
九官鳥、ウサギ(合計約20羽)、ハムスター、金魚、柴犬、シーズー。
餌をやったり、小屋の掃除をしたり、散歩やシャンプーをしたりはするのだけど、今思えば「ペット」という意識でしかなかったように思う。
学生時代はバイトだサークルだと家には殆どいなかったので、ペットのお世話を「絶対的」なものとは感じていなかっただろうし、母がしてくれていたので任せっきりであった。

ところが現在、親になって初めて動物を飼ってみると、自分の心構えが今までとは明らかに違うのだ。
体調を気遣い、ちょっとした変化にも敏感になり、処方箋ドッグフードが高価でエンゲル係数が高かろうが、医療費が高くつこうが、「我が子」なのだから当然だと思うようになった。
単なる「可愛い存在」ではないのだ。

特に今、我が家の人間の子供達3人は反抗期真っ只中である。
小学校高学年の鉄男は口を開けば「今やろうと思ってたんだよ!」「いちいちうるさいなぁ!」
動けばドンッドンッ!(怒って乱暴に階段を登る音)バ~ンッ!(乱暴にドアを閉める音)と効果音付き。

低学年女子のチーコは口が達者になってきて、「バカじゃないの?」「あっそ…」などムカッとする物言いをしては注意され、また逆ギレする毎日。

3歳児のピー助に至っては、何でも「自分でやる!」の時期で母を手こずらせ、兄姉の言い方をコピーしたように「うるさいんだよ、バーカ」「お母さんなんか大っ嫌い!あっち行ってろ!」のオンパレードである…(涙)

福ちゃんだけが私の心の癒しだ。
つぶらな瞳でジッと見つめ、全てを包み込むような暖かな眼差し。
小さいけれど、温かくてずっしりと確かな生命の手応えを感じる重さ。
夜、猿3匹が寝静まった後に、「福ちゃ~ぁん」と頬ずりするときの幸福感と言ったら…。

子育てに疲れている方、動物に癒しを求めてみては…?
可愛がれば可愛がるほど懐いてくれるし、「うっさいんだよ、バーカ」なんて憎まれ口は叩かないし。

そうやって日々、福ちゃんに癒しを求める妻に「ヤバいんじゃないの?」「おかしくなったのか?」と言う夫の冷たい視線は感じるけど、そんなの無視して、癒されます、可愛いです、本当に…。

最近歯が抜け代わる前兆か、やたらと物を噛みたがる福嬢。
今日もお母さんの指をガジガジと甘噛み中。…それでも癒されます。
DSC08677.jpg



私のインドブログ『アッチャー?!インド生活』も更新しました。
よろしければ下記からどうぞ!

ドキュメンタリー『未来を写した子どもたち』


2011. 09. 28  
7年前、産後1週間の検診で医師に思わぬことを告げられた。
「お子さんに心雑音がみられます。心臓病の可能性が大きいです。」
耳を疑った…何のことだか分からなかった、いや、分かりたくなかった。

赤ちゃんはお腹の中にいる間、肺呼吸をする必要がないので、肺への循環をしなくて良いように、心臓に血流の近道である卵円孔(らんえんこう)という穴がある。しかしその穴は生後数日間で自然に閉鎖するもので、たまに閉鎖しないで開いたままであることもある(卵円孔開存)。

「もしかしたら自然に閉じるかもしれないから、1ヶ月は待ってみましょう。それでも開いている場合は、専門医に診て貰った方が良いです。」
そう言ってもらって、期待と不安を抱えながら待った1ヶ月。結果、穴は閉じておらず、新たな病名が告げられた。心房中隔欠損症…。確率的には、生まれてくる子供の1%はこの先天性心疾患であるという。

それからというもの、自分を呪った。
なぜ健康に生んでやれなかったのか?
妊娠中、胎児の心臓が形成される時期に、してはいけないことをしたに違いない。病気か?薬か?何をしたんだろう?思い出そうとしても思い出せない。自分のしたこと全てが問題の原因のような気がした…。

夫A-さんに泣いて訴えた。
「私が妊娠中に、なんかアカン事をしたからや…」「私のせいや…」
夫は優しく言った。「○ちゃんのせいじゃない。これは誰のせいでもないよ。治るよ。大丈夫だよ。」

でも母親として、どうしても自分を責めてしまう。
私の食べたものを栄養源とし、私の生活の影響をもろに受けながら、私のお腹の中で成長する赤ちゃん。その赤ちゃんに問題があったのだ。自分以外に犯人はいないではないか…。

そうやって自分を責め、呪う日々が続いた。
でもそんな中でも、おっぱいを美味しそうに飲み、日々ずっしり重たくなり丸々と太っていく我が子。
可愛い笑顔や笑い声、幸せ一杯の寝顔に癒された。
「私がしっかりしなければ!どんなことがあっても守ってみせる。」と決心した。

生後半年たって、総合病院の小児心臓外来を訪れた。
小さな体をレントゲンの台に横たえ、胸部の写真をとる。動くといけないので眠り薬を飲まされて、小さな胸の上で大きなプローブを転がしながら心臓エコーの検査を受ける。
検査の結果、心房中隔欠損は確実になり、穴の位置も、漏れている血流もはっきり確認された。

病気のこと、今後の治療法について、医師から長い説明を受けた。
穴が開いていることによって、無駄な血流が発生し、それを補うために心臓はより一層働かねばならず、その負担が長期間続くと、将来心不全が病状として現れてくる。そうなる前に手術で穴を塞がなければならない。
当時の治療法では、胸を開き、人工心肺をとりつけ、その間に心臓を直接切開して穴を塞ぐという方法しかないこと。数ある心臓疾患手術の中でも難易度は高くないこと。それでも、心臓を止めて行う手術であることには変わりなく、細菌感染症や何らかの後遺症の可能性も否めないこと。成功率は98%であること。…といっても100%ではないのだ…
DSC08665.jpg

頭の中はパニックになっており、医師の説明をとても冷静には聞けないので、紙面に書いてもらっての説明。そしてそれを承諾するサインを書くのだが、その説明承諾書のサインは今見ても震えて汚い字である…。

半年ごとに検査を受け、心臓の状態を調べ、医師に今後の治療法について話しを聞く。そんな2年を過ごした。
心臓エコー検査をしやすくするための眠り薬は、子供によっては逆に興奮してしまうこともあり、またフラフラする感覚が辛くて泣きわめくこともある。なかなか寝付かなくて、朦朧とする意識の下で藻搔くように薄暗い病院の廊下で泣いてのけぞることもあった。そんな我が子を抱きしめながら、何度も何度も涙した…。強くならないといけないのに、いつも泣いている自分が情けなかった。
病気を代わってあげられたらどんなに良いか、と願うのに代わってもあげられないことが辛かった。

検査している間、ずっとずっと祈り続けた。穴が閉じますように。今回こそは「閉じていますよ!」という検査結果が聞けますように…。でも、その願いは裏切られ続けた。

そんな時、インド駐在が決まった。
心臓病の子供をインドに連れて行っても大丈夫なのか?
何かあった時、医療現場は信用できるのか?きちんと対応してくれるのか?
担当医に相談した。
「この子の場合、もっと体重が増加して、体力的にも耐えられるような年齢になってからでないと手術はできない。それに、今、日本では心臓手術の過渡期にあり、カテーテルを用いたやり方もいずれは承認される。それを待ってから手術しても遅くないだろう。いずれにしても、今すぐ治療は出来ないから、インドに行って、帰ってきてから決めましょう。」
そうして、担当医に病気の経過を英語で書いて貰った紹介状を携えインドに渡ったのだった。

幸い、インドは医療ツーリズムというものが盛んで、高度な医療技術、先進国と比較にならないほどの破格の治療・手術費が魅力で、近隣諸国のみならず、欧米からの患者もインドに手術治療を受けにきていた。
当時日本ではまだ未承認であった心臓のカテーテル手術も、インドでは20年ほど前から先駆けて行われているし、腕も良く、術後の経過データも揃っている。
色々考えて、インドで心臓の手術をしても良いのではないか、という気持ちになった。
そして、そろそろ体格・体力的にも手術は可能ではないか、という就学前の時期にインドで循環器専門医の診察を受けた。

今まで日本の病院で受けてきた検査の際に見た器機とは、素人目にも明らかに違っていた。最新の検査器機だ。担当医師はインド国内のみならず、イギリス、フランス、オーストラリア、アメリカ、と多くの国で経験を積んできた凄腕。インドの循環器医療界のトップである。
検査の結果、医師は言った。
「大丈夫、穴は小さくなっているよ。穴の大きさは針ほどの細さ。このままだときっと2年以内には閉じるでしょう。今は手術の必要性もないわ。」
凄く嬉しかった。でもここで喜んで、次の検査でまた穴が確認されたら…、と思うと辛かったので、半分喜んで、半分はまだ暗闇の中で覚悟を決めていた。


インドから帰国して、先日5年ぶりに日本の担当医の診察を受けた。
インドでの検査結果とインド人医師の所見も手渡した。最後の検査からちょうど約2年が経っていたので、新たにレントゲン、心電図、心臓エコー検査を受ける。

結果…
「穴はふさがっていますよ。自然閉鎖しましたね。」

なんだか夢のようだった。この7年間、毎日毎日願った「どうか穴が塞がりますように…」の悲願が叶ったのだ!!!!嬉しくて嬉しくて涙が溢れた。
「良かったね、良かったね!!これからは心臓のこと、気にしなくて良いんだよ。今までよく頑張ったね。」と感極まる母の言葉に対して、
「う~ん、でも特に何も頑張ってないよ。」という我が子…。

違うんだよ、覚えていないだけで、ちゃんと頑張っていたよ。母は知っている。
小さな体に色々な線を繋がれてジッと我慢してたよ。冷たいレントゲンの台にジッと横になってたよ。
眠たい薬でフラフラになりながらも検査を受けたんだよ。
マラソンで走った後に胸がドキドキしたら怖くなって、プールで泳いだ後に唇が青くなったら心配になって、小さいながら自分の体に不安を抱えていたんだよ。
もう、そんなことも気にしなくて良いんだよ。普通にしていられるんだよ。
あぁ、本当に嬉しい…。神様、有り難うございます。


私が初めて病気についての説明を受けた2004年当時には承認されていなかったカテーテル手術。
そのカテーテル手術も2006年からは日本でも承認され手術が可能になり、今では保険対象にもなった。
人工心肺を用いる手術法と異なり、開胸しなくても良いことから感染症リスクが低いことや、体への負担が軽減され入院日数も短くすむこと、傷も胸ではなく太ももに少ししか残らないこと、など色々なメリットがあげられている。
詳しくは下記のHPよりどうぞ…
心房中隔欠損症のカテーテル治療


私の周りにも、お子さんが心房中隔欠損症であるという知り合いが何人かいる。
みんな、自分を責め、妊娠中の行いを振り返り、そして、何度も何度も辛い検査を子供と経験し、穴が塞がることを切望し、検査結果に裏切られ涙している。
カテーテル手術の朗報に喜んだり、カテーテル手術での死亡ニュースに心を痛め不安になる。
そんな日々の繰り返しだ。

心房中隔欠損症で悩んでいるのは、自分だけではない、と知って欲しい。
そして、もし同じ病気を患いながら、インドに赴任することになった方がいらしたら、インドで5年生活し、インドで最先端の循環器医療で検査を受け、好印象を抱いた人間がここにいることも知って欲しい。
手術でしか治らないと説明されていたけど、自然閉鎖した子供がいることも知って欲しい。手術での治療であれ、自然治癒であれ、希望を失わないで欲しい。

嬉しい検査結果の夜、頑張ってきた年数分の蝋燭を立ててお祝いした。
DSC08660.jpg

これから先、心電図で異常が出ないとも限らない。再検査の結果、「やっぱり穴は開いていました」と言われるかもしれない。その不安は拭い去れないけれど、我が子の親であることには何の変化もない。どんなことがあっても、しっかり育てていこう、と気持ちを新たにした。

2011. 09. 09  
皆さんご存じの通り、この夏7~9月の3ヶ月間、自動車業界では節電対策として土日就業・木金休みとなっている。子供が学校に行っている平日の木・金曜日、夫A-さんと一緒にランチや買い物に出掛けるのが楽しみとなっている。

今週のお休みには『神様のカルテ』を観てきた。
結果から言うと、とても良かった!!!大泣きするわけではないけれど、静かな悲しみや感動を味わえる良い作品だった。
ちょっと苦言を述べさせて貰うと、意味もなく騒々しいバカ騒ぎ的な映画が多い中、この『神様のカルテ』は、必要以上に台詞で埋めるわけでもなく、心情を表す間や美しい景観を大切に扱った丁寧な作りが特徴的だった。

私が「『神様のカルテ』を観に行こう!」と誘った時、後日談だが、正直なところ夫A-さんは乗り気では無く作品に全く期待していなかったそうだ…。ところが、隣で映画を観ていて、感情移入しているのが分かったし、見終わった後も、お互いに静かな感動に包まれて、「泣けたね…」「夫婦って良いね~」「凄く良い映画だったね」としみじみ感想を語り合った。
DSC08454.jpg

あらすじはと言うと…
山に囲まれた信州の総合病院に勤務する内科医の栗原一止(くりはらいちと)は、趣のある古い旅館に、風変わりな家主である通称「男爵」、学問を愛する「学士」、そしてカメラマンである妻のハルと暮らしている。
24時間、365日フル稼働の救急体制の中、患者さん一人一人と向き合いながら、冷静で丁寧な診療を行っている一止先生。
病院内の人間関係にも恵まれており、同僚の医師や頼れる姐御肌の看護師、寛大な眼差しで一止を見守る先輩医師に日々支えられながらも激務をこなしている。

ある時、先輩医師の計らいで近代的な大学病院での研修を受けることになり、医療技術進歩のための研究、最先端医療の現場を目の当たりにする。そうして、地方の一総合病院の限界を知り、また必死に救おうとしても救えない命に無力感を感じ、苦悩し心をすり減らしていく一止。
その傍らには、いつも夫をそっと優しく穏やかに包み込む妻のハルがいる。

そんな中、末期ガンで余命半年と宣告され、大学病院からも匙を投げられた患者の安曇が一止を頼ってやってくる、と同時に、大学病院の権威である医師から将来を嘱望され、研究の道を勧められる。

日々衰弱していく安曇の治療や、救急や山村の診療所でも毎日多くの患者相手に疲労困憊する中で、「患者の側で日常の医療に貢献するべきか」「医療技術の未来に繋がる研究に情熱を注ぐべきか」と一止は自分の進むべき道に悩む。

最終的に一止の選択した道とは…。
末期にあっても尊厳を失わず常に周りに感謝し、人生の最後を迎えようとする安曇は担当医である一止に手紙を残す。その内容とは…。

*************************

心が洗われるような綺麗な映画です。お勧めです。
夫婦で観るのも良いかも知れません。互いを思いやろうという初心に帰らされます(笑)

映画を見終わってお腹も空いたし、初心に戻って夫婦仲良くということで、お次はランチへ。
生パスタのお店で、こってり濃厚なウニとイクラの和風スパゲティーとヤリイカと明太子の醤油バターパスタを頂く。店を出る際、夫A-さんも映画を観て今までの行いを反省したのか、いつになくレディーファーストで、ドアを開けてくれたり、荷物を持ってくれたりと優しかった。
私はと言うと、夫が休みなのを良いことに、帰宅後は下校してきた子供の世話を夫に任せ、お腹も心も満たされお昼寝タイムを楽しませて頂きました。

…初心に戻ったんじゃなかったのか?!(汗)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。