fc2ブログ
2011. 12. 13  
最初にお断りしておきます。
今回はちょっと重い日記です…。


早いもので、もう12月も半ば。今年も残すところ僅かとなりました。
インドから戻って一年が過ぎ、子供達は一通り学校行事も経験し、すっかり「地元っ子」ぽくなってきました。私も何とかかんとか慣れないながらも地域のお役を務めさせて頂いています。
新しい環境の中、色々なことが起こり、様々なことを感じ、体調不良もあったり、笑って泣いて悩んだ一年でした。
3月に起こった未曾有の大震災以来、亡くなった方、行方不明の方、ご遺族のこと、原発問題、未だに不安を煽り続ける放射能問題…、まだまだ問題も課題も山積みなまま、2011年が幕を降ろそうとしています。
皆さんもそれぞれに色々な想いの残る一年だと思います。


実は、この秋10月に義父が亡くなりました。
義父はとても優しい人でした。初めて会ったのは12年前。両家を交えて結婚の話しをする席でした。
それまで一度も会ったこともなかった「何処の骨とも分からぬ」私を、最初から全てを受け入れるように認めてくれたことに驚きました。
少しも偉ぶることもなく、私の手料理も文句1つ言わず食べてくれ、ハンガリーにいる私達の元に何度も遊びに来てくれました。

義父は無口な人でしたが、ちょっとした言葉に思いやりや教訓を感じられることが多々ありました。校長先生をしていただけあって、人を見る目が優しく、的確に人物を捉えるところがあり、子育てに悩む私に、「大丈夫。良い子に育ってる。心配しんさんな。」と言ってくれました。

チーコが生まれた時は、「女の子を生んでくれて有り難う。本当に有り難う。」と、私なんかに向かって膝を合わせて涙を流して感謝してくれました。
そんな義父が亡くなりました…。

息子である夫A-さんは表現できないほど辛いはずです…。幸い、私は両親ともに健在なので、父を亡くした夫の気持ちは実感としては理解してあげられないのが申し訳ないです。

でも、お通夜・お葬式を終え、火葬場でいよいよお別れの時、夫には息子としての、私には私の、鉄男には鉄男の、チーコにはチーコの、それぞれの心の中で故人との思い出が走馬燈のように流れ、みんなで号泣しました。3歳のピー助だけは何も理解できていない様子で、「おじいちゃん死んじゃったの?」とあどけない顔で聞いていました。


今回の義父の死は辛いことだったけど、私は義父に救われたのだと感じています。
義父の亡くなる1ヶ月ほど前から、育児ノイローゼ一歩手前で、何をするにも自信が持てず、ちょっとしたことでイライラして眠れず、新しいことを始めたくても何をどうして良いのかもわからず、自己嫌悪の日々でした。
自転車に乗っている時など、ふと「このままトラックにでも突っ込んでしまえば楽になれるかもしれない…」とペダルに力を入れそうになっている自分がいて、かと思えば、「いやいや、死ねずに助かって、下手に障害が残ったり、家族に慰謝料などで迷惑をかけるのもいけないし…」と変に冷静で打算的な自分もいて、「死んだ方が楽だし死にたい。でも、自分は死ぬことすら出来ないのか、情けない…」と余計に落ち込んだり…。

そんな時の義父の死。
「死んで居なくなると言うことは、こういうことなんだ。こんなに辛くて、冷たくて、もう話せなくて、本当に骨になってしまうんだ。」という動かしがたい事実を突きつけられた気がしました。

お通夜・お葬式のために集まってくれていた親族のみなさんが、私にとってみれば憎たらしい我が子供達を見て、「本当に良い子達だね~」「子育て、今が一番身体もキツいけど、終わってみれば、この時期が一番楽しいと気がつくものなのよ。」と口々に言ってくれました。それが、どれほど大きな励ましとして私の心に染み入ったことか…。

生死を前に、「子育てが大変だ」「自分のやるべきことが分からない」なんて、甘っちょろいことだ。
義父が最後に教えてくれた大切なこと。

人は生まれて、色々な人に出会い、考え悩み、笑って泣いて、そしていつかは人生に幕を閉じる。
残された者は、故人から学んだことを活かし、子孫に伝え、そして生きていかねばならない。
広島の深い山々、ゆったり流れる太田川を見ながらしみじみ思いました。
DSC08793.jpg



追記:
今は喪に服しているので、年末年始のご挨拶は控えさせて頂きますが、今年中に賜りましたご厚意に感謝申し上げます。来年もまたよろしくお願い致します。
皆様には良いお年を、そして、喜びに満ちた新春をお迎え下さいますように…。

スポンサーサイト



2011. 11. 15  
すっかりご無沙汰してしまっておりました。
ここ最近、急に肌寒くなってきましたが、皆さん如何お過ごしでしょうか?
これから風邪の季節になりますね。どうぞご自愛くださいますよう…。

こちらではなく、もう1つのインドブログの方で日記を更新しましたので、よろしければ以下よりどうぞ…
アッチャー?!インド生活
「異文化対応モデル」
2011. 09. 02  
私のもう一つのインド関連ブログ「アッチャー?!インド生活」を更新しました。
日記の詳細は下記からどうぞ
ニューデリー日本人学校同窓会
2011. 08. 02  
春にピー助が幼稚園に通い始め、自分の時間が出来たら、あれをしよう、これをしよう、あれもしたい、これもしたい、と色々思い巡らせていた。実際の所、ピー助が家を出て戻ってくるまでの6時間、本当にアッと言うまである。洗濯・掃除・買い物・引っ越し荷物の片付け…。
作業の途中で「お母さん、これ読んで~」「お母さん、牛乳飲みたい!」等と色々言ってくる人が不在なので、仕事のはかどること!!ここぞとばかりに作業に集中して、段ボール箱も一箱、二箱と片付け、床の露出面積が広がっていく爽快感と言ったら最高である(笑)

さて、家の片付けもちょっと一段落ついたら、頑張った自分へのご褒美に何かお稽古事をしたいな、と思っていた。そして、最初の一歩に始めたのが着物の着付け。
学生時代に日本料亭で仲居さんのバイトをしていたこともあり、一応独りで着られるものの、お茶会や式典で着物を着る際「仲居さん風」な自分の着付けにずーっとコンプレックスを感じていた。
そんなコンプレックスを克服したいと思って、週1回3ヶ月間の着付け基本コースに参加した。
DSC07273.jpg

着付け教室は毎回とても楽しかった。着崩れしにくいコツや、体型補正の仕方、美しく見せる裏技などを教授して頂き、「なるほど!そうやるのか!」と目から鱗だったり、実際にやってみて納得したり、毎回あっという間の2時間だった。
「ふくら雀」などの複雑な帯結びを教えて貰い、ペアになって結び合ったり、参加している方々の着ていらっしゃる着物や帯のセンスに刺激を受けたりと3ヶ月間本当に楽しかった。


着付け教室を終え、次なるステップに子供達と一緒に通い始めたのが書き方・書写教室。
週1回の教室通いと宿題のプリントをするのだけど、家事の合間に5枚づつ書くと気分転換にもなるし、バタバタ忙しい時も平静を取り戻せる。しかもはっきりと分かるほどに癖字が治ってきているので嬉しくて仕方がない。
チーコも一生懸命プリントに取り組み、最近では「字が綺麗だね、ってお友達に言われたよ~。」と嬉しそうである。子供達と一緒に「宿題やった?」「お母さんも一緒に宿題やろうかな~」と頭を突き合わせてプリントに取り組むのもなかなか楽しいものだ。
DSC07923.jpg


着物、書写…。実は次なる狙いはもう定めてある。
「夢は密かに思っているだけでなく、どんどん周りの人に話すこと。そうすることで自分のやる気も高まるし、夢で終わらせず具体化させ、ついには現実のものとなる。」と励ましのお言葉を最近頂いた。
だから、敢えて自分を鼓舞し、夢で終わらせない為にここに書かせていただくことにした。

日本語教育能力試験に挑戦します!
学校に通うのは時間的・経済的・体力的にも厳しいので、色々吟味した結果、通信教育を申し込みました。
今から始めるので今年の試験には間に合わないけど、来年の試験には合格できるように頑張ります!!
さぁ、もう逃げられないぞ、私(笑)

今までの私の人生を振り返ってみると…。
通訳という仕事を通じて、人と人とを結びつける言葉の底知れぬパワーを実感し、今まで訪れたり、生活した国々では、見ず知らずの人を始め多くの方から救いの手をさしのべて頂いてきた。
親切にして下さった方々直接ご本人に恩返しするのは難しいとしても、自分らしいやり方で社会に恩返しをしていきたい。

日本で生活していくうえで、色々な問題を抱えて困っている外国の人は沢山いると思う。せっかく日本に暮らしているのに、日本を深く知る機会もないまま過ごしている人もいるだろう。
そんな人たちに、日本生活をもっと楽しんでもらえるように、着物・お茶・日本語…様々な日本を伝えたい。
まだ子供達も小さいので、具体的な仕事のやり方は決めていないけれど、「10年後のなりたい自分」に近づけるよう、必要な資格や技術を少しずつ身に着けていけるよう努力したい。


それからもう1つ、インドに関連して自分に出来ることはないか…
これからインドに転勤されることが決まっていて、不安で押しつぶされそうになっている人たちに、自分たちがインドでの生活を通して得た知恵や情報を少しでも多くお伝えして、不安を軽減するお手伝いをしたい。
ということで、非力ながらも、夫A-さんの勤め先で、インド赴任される方へのインドガイダンスをさせて頂くことになり、インドの医療・水・生活様式・言葉・子育て・日本人会・食べ物…色々な心配事1つ1つに具体例を挙げながら不安を解きほぐしていく努力をしています。
最初に会った時は「インドでの生活なんて想像もつかない…。無理に違いない。」と仰っていた方が、話し終えて別れる頃には「インド生活、なんとかなりそうな気がしてきたわ。なんだかワクワクしてきました。」と笑顔で言ってくれた瞬間、こんな私でも少しは人様のお役に立てたのだ、と嬉しく思える。

人生37年目にして、今までの人生を振り返り、そしてそれをこれからの人生にどう活かすか、今真剣に考え悩んでいる。「不惑の40歳」まで残すところ3年。頭の中で考え戸惑ってばかりいないで、とにかく体を動かそう。
来年「合格しました!」と言えるように頑張るぞ~!

2011. 06. 16  
私の古巣ブログである『アッチャー?!インド生活』より分岐して、本帰国後に始まった本格的な日本、ここ遠州地方での生活について書いていこうと思います。

タイトルの「布団が吹っ飛んだ!」は、大阪出身の私が、こちらで生活を始めた8年前、ベランダで干していた布団が見事に宙を舞い落下していった時の衝撃を未だ忘れられず、「ダジャレちゃうんやから~。ホンマに布団が吹っ飛ぶんかいな?!有り得ん!!」と叫んだ遠州の第一印象から来ております。
…とまぁ、のっけからアホな第一印象のこの新ブログですが、引き続き、お付き合いの程よろしくお願いいたします。

簡単に我が家の自己紹介をさせて頂きますと…
ヨーロッパはハンガリーで出逢い、駐在員&現地採用という格差を乗り越え(?)、2000年春にミレニアム婚(この表現、懐かしいですなぁ…もう死語?!)した私たち夫婦。
結婚式を挙げた大聖堂の美しいドーム。
DSCN1635.jpg

2001年、第一子である鉄男を授かり、ハンガリーでの仕事や子育てを楽しみながらも2003年春に日本帰国。2年間の社宅暮らしをしながら初の遠州生活がスタート。2004年には第二子のチーコ誕生。
初めての土地、社宅での2人の子育てに追われながらもワイワイと楽しかった日々。
R0010762 (2)

念願のマイホームを建てたにも関わらず、2005年、夫groovin(通称「夫A-さん」)は半年も新居に住まないまま、次の駐在国インドへ。そして2006年春、後を追って家族もインドへ渡り、そこから約5年の波瀾万丈なジェットコースター的インド生活を満喫。その間2008年に、第三子ピー助をインドで出産。
出産後退院して初めての家族5人写真。インドの自宅にて。
DSC05047.jpg


2010年秋、新築だったはずの中古マイホームに戻り、遠州生活の再スタート。帰国して間もなく、フレンチ・ブルドッグの福ちゃんと電撃的な出逢いを果たし、めでたく5人+1匹家族と相成りました。
何でもかじっちゃう困り者・福嬢。
DSC06682.jpg

未だハンガリーからの引っ越し荷物の段ボールが残る中、更にインドの香りの染みついた大量の引っ越し段ボールが積み上げられる「開かずの間」を有する我が家。草ボウボウの猫の額の庭を、念願だったガーデニングを楽しみながら整えていくのも楽しいものです。
DSC07255.jpg

旅行・温泉・美味しいもの大好き。日々、笑ったり怒ったり泣いたりしながらバタバタ一生懸命に生きる我が家の記録として書いていけたら良いなぁ、と思っています。
どうぞ、みなさまよろしくお願いいたします。

GROOVIN&ARANYOS一家一同

(ARANYOS記)